HOME > 技術・製品紹介 > 製品一覧 > インターフェースケーブル

インターフェースケーブル

インターフェースケーブル

可動部用各種インターフェースケーブル

FAシステムにおける制御と情報の伝送は近年ますます高速・広帯域に、また高度にシステム化されてきています。そのネットワークはフィールドバスとして整備されつつありますが、その物理層である電線は様々なものが使われています。システムの高度化に伴って、機器間の固定的な配線から、機器内の可動部にもインターフェースケーブルが必要となってきました。可動部用のインターフェースケーブルには「伝送特性」と「耐久性」と矛盾する性能が求められますが、両者のバランスがポイントとなります。このため、可動部用インターフェースケーブルは、一般の固定部用のものに比べると電気的特性を多少犠牲にしています。

モビロンタフケーブルには、CC-Linkケーブル、LAN(Cat.5e相当)、USB相当、カメラリンク相当、IEEE1394相当等を製品化しています。

高可動部用CC-LinkケーブルVer.1.1対応

(弊社記号:RIV-S050C03S-7) 耐油、耐熱、難燃性

高可動部用CC-LinkケーブルVer.1.1対応
高可動部用CC-LinkケーブルVer.1.1対応

表が途切れている場合は、を横スクロールすると残りの項目が閲覧できます。

サイズ・構成 0.5m㎡×3心 一括シールド
線心/シース色 青・黄・白/茶
ケーブル外径 約8.0φ
耐屈曲性 90度屈曲(R=5mm、1kg荷重) 100万回以上
伝送可能距離 固定部用標準ケーブルの約70%

可動部用CC-Link/LTケーブル

(弊社記号:CRFV-A075C04-LT) 耐油、耐熱、難燃性

可動部用CC-Link/LTケーブル
可動部用CC-Link/LTケーブル

主に盤内・装置内で用いられるCC-Link/LT用の可動部用ケーブルです。

表が途切れている場合は、を横スクロールすると残りの項目が閲覧できます。

サイズ・構成 0.75m㎡×4心 
線心/シース色 黒・白・赤・緑/黒
ケーブル外径 約7.2φ
耐屈曲性 90度屈曲(R=30mm、500g荷重)400万回以上
伝送可能距離 CC-Link/LT規格に準ずる 

イーサネットケーブル、USBケーブル

導体には銅合金のより線、絶縁体にはフッ素系樹脂、シースには高弾性PVCを用い可動部用として優れた耐久性を実現しています。

表が途切れている場合は、を横スクロールすると残りの項目が閲覧できます。

イーサネットケーブル
(Cat.5e相当品)
USBケーブル
(Ver.2相当品)
外 径 6.5mm 5.1mm
最大配線長 約30m 約3m
耐屈曲性(移動曲げ) 2,000万回 2,000万回
インピーダンス 100Ω(±15%) 90Ω(±15%)
伝搬遅延 555ns/30m 26ns以下
スキュー 10ps 100ps以下

光カメラリンクケーブル(開発中)

Camera Link規格を超える長距離伝送が可能になります。

光ファイバと銅線を複合したケーブルをストレートタイプのMDR/SDRコネクタで、終端していますので、通常のカメラリンク用カメラ、グラバーボードがそのまま使えます。
(ケーブル長、ケーブル外径はPoCL給電で、20m伝送の場合の一例です。)

表が途切れている場合は、を横スクロールすると残りの項目が閲覧できます。

項   目 仕    様
データ伝送方式 Base Configuration
対応カメラクロック 20~85 MHz
ケーブル長(伝送距離) 20m(一例)
ケーブル径 φ6mm(一例)
対応コネクタ MDR/SDR
給電方式 内部給電(PoCLピン)または外部給電
耐屈曲性(移動曲げ) 1,000万回以上(R:50mm ストローク:500mm)

IEEE1394、DeviceNet等

上記の製品についてはお気軽にご相談ください。

前ページへ戻る

ページトップへ戻る